TEL : 06-7709-5897月~金 11:00~18:30(祝日休み)
TEL : 0677095897
月~金 11:00~18:30(祝日休み)
友だち追加数
ブログ
2016.12.30

NBA クリスマスゲームの特別なバスケユニフォームとは?

アメリカのバスケットボールファンにとって12月25日のクリスマスは特別な日です。それは、NBAのクリスマスゲームがあるからです。この日に試合を行うのは30チーム中10チーム。全米が注目する好カードが5つ組まれます。試合開始時刻がほぼ2時間半おきになっているので、その気になれば1日中生中継を見続けることも可能です。

ウォーリアーズとキャバリアーズのユニフォーム

さて今年のクリスマスゲームの最大の目玉は、何と言ってもゴールデンステート・ウォーリアーズとクリーブランド・キャバリアーズの試合です。昨年のファイナルと同じ顔合わせということもあり、世界中のバスケファンの注目が集まりました。試合内容も期待に違わぬ熱戦で、観客もプレーオフの時のような熱い声援を送ります。

試合を御覧になった方は、彼らが身につけていたユニフォームが通常と少し違っていたことに気づいたでしょうか。実はクリスマスゲームの際には特別なデザインのユニフォームを着用することになっているのです。

ウォーリアーズはチームカラーのロイヤルブルーが基調であることに変わりはありませんが、良く見るとデザインが非常にシンプルになっています。トレードマークとなっているベイ・ブリッジのロゴすらありません。胸には筆記体でチーム名が書かれ、いつもより少し大きめに胸番号が書かれます。背中には大きく背番号が記され、その上に選手名が記されます。選手名の上に見える小さな黄色い印はNBAのロゴです。

キャバリアーズのユニフォームは、ベースとなる色はお馴染みのワインレッド。しかし、いつもなら首回りと袖に入っている黄色いラインがありません。やはりウォーリアーズのユニフォームと同様、胸に筆記体でチーム名、その右に胸番号が配置されるデザインです。背中のデザインもウォーリアーズのものと大差ありません。

そう、実は両チームともユニフォームのデザインはほぼ同じ。ウォーリアーズは襟元がVネックなのに対して、キャバリアーズはタートルネックといった細かな違いはありますが、基本となるデザインは共通しているのです。

統一デザインの設定

実は2012-2013シーズンからNBAでは統一のデザインをもとにしたクリスマス専用のゲームウェアが作られ始めました。ということは他のチームも同じようなデザインのユニフォームを着用したわけですね。

例えばニューヨークニックスのデリック・ローズのユニフォームはこんなデザインです。一見するとウォーリアーズのユニフォームのように見えますが、ウォーリアーズより青が少し明るく、チーム名は黄色ではなくオレンジです。胸にはニックスではなく「ニューヨーク」と書いているのが特徴的です。

オクラホマシティ・サンダーが着用したユニフォームはこのようなデザインです。サンダーの通常のユニフォームは、オレンジの縁取りに存在感があったので、このデザインだとずいぶんすっきりして見えますね。

サンアントニオ・スパーズは全体的に文字のフォントが大きいデザイン。文字や背番号に縁取りがないので普段とはずいぶん異なる印象を受けます。

チームカラーとチームカラーのぶつかり合い

このようにクリスマスゲームでは、1日限定のデザインのユニフォームが使用され、コート上に特別な雰囲気を醸し出します。そして、この特別感はデザインだけではなくユニフォームの色とも関わりがあります。

ウォーリアーズとキャバリアーズの試合では、ウォーリアーズがロイヤルブルー、キャバリアーズがワインレッドのユニフォームを着用しました。実はこのようなことは通常のNBAの試合ではあり得ません。

なぜなら通常はルールでホームのチームが淡色、つまり白を基調としたユニフォームを着て、ロードのチームが濃色、つまりチームカラーを基調としたユニフォームを着ることになっているからです。両チームとも濃色のユニフォームを着て戦うことは基本的にはありません。だからNBAを見れば、どちらのホームで試合が行われているのか一目瞭然です。クリスマスゲームはキャバリアーズの本拠地であるクリーブランドで行われたので、本来ならレブロン・ジェームズは白いユニフォームを着ている必要があります。

互いのチームカラーのユニフォームに身を包んだ選手がコート上を走り回るのは、クリスマスゲームだけの特別な出来事。選手たちの熱いプレーだけでなく、ユニフォームの色も華やかなクリスマスゲームを演出しているのです。

最後にこちらの動画もどうぞ

こちらの動画ではクリスマスゲームをハイライトで紹介しています。普段と違うユニフォームをきた選手達の様子がとてもわかりますよ。
シュートをきめると実況が「MERRY CHRISMAS!」とシャウトするのがとても気持ち良いですよ!

こちらの動画はフープに鈴をつけてシュートでジングルベルを奏でるというもの。アメリカの人たちって本当に遊び心があって本当に素敵ですよね。

この記事のキーワード

戻る
最短10日でバスケユニフォームをお届け!シミュレーターでオリジナルデザインを作成
RELATED POST

同じカテゴリの記事

CATEGORY

記事カテゴリ

KEYWORD

キーワードから探す