TEL : 03-6805-6153
月〜金 11:00〜18:30
ITEMMENU

日本人メジャーリーガーが着てきたユニフォーム達。野茂、松井秀喜、上原編。

これまで数多くの日本人メジャーリーガー達がメジャーリーグの野球ユニフォームに袖を通してきました。このシリーズでは特に印象深いプレーヤー達のユニフォーム姿を複数回にわたって紹介していきたいと思います。
今回は野茂英雄、松井秀喜、上原浩治の三選手のユニフォーム姿の御紹介です。

シリーズ2回目:日本人メジャーリーガーが着てきたユニフォーム達。新庄、井口、松井稼頭央編。

野茂英雄

野茂英雄は日本人メジャーリーガーのパイオニアとしてドジャースのマイナーからMLBに挑戦し、計7チームを渡り歩きました。
日本人投手ではパイオニアでありながら野茂のMLBでの勝利数を超えた日本人投手は未だ出てきておらず、日本人メジャーリーガーの中でもこれまでトップクラスに成功した投手と言えるでしょう。
数多くのメジャーのユニフォームに袖を通した姿を見せてくれました。

ロサンゼルス・ドジャース (1995 – 1998 | 2002 – 2004)
やはりこの姿が一番印象に残っていますね。当時の日本でもドジャースのユニフォームが流行ったような記憶があります。


ニューヨーク・メッツ (1998)


ミルウォーキー・ブルワーズ (1999)


デトロイト・タイガース (2000)


ボストン・レッドソックス (2001)
野茂のレッドソックスのユニフォーム姿はかなり意外な気もします。


タンパベイ・デビルレイズ (2005)


カンザスシティ・ロイヤルズ (2008)
こうしてみると本当に多くのチームを渡り歩いていたんですね。


松井秀喜

松井秀喜も日本人打者としての計4チームを渡り歩きましたが、なんといっても印象にのこっているのはヤンキースでのユニフォーム姿ですよね。
縦縞のクラシックなスタイルがとても似合っていたのを記憶している人は多いと思います。
エンジェルスの赤いユニフォームやアスレチックスのグリーンのユニフォーム姿は着ている期間も短かかったこともあって意外な人も多いのではないでしょうか?

ニューヨーク・ヤンキース (2003 – 2009)
やはりヤンキースのユニフォームはかなり似合っています。これまでの日本人の中で一番ぴったりきているような気がするのは僕だけでしょうか。


ロサンゼルス・エンゼルス (2010)


オークランド・アスレチックス (2011)
アスレチックスのユニフォームはすごいアメリカンですね。


タンパベイ・レイズ (2012)
このあたりはかなり印象にない姿です。


上原浩治

ボルチモア・オリオールズ (2009 – 2011)
オリオールズの黒いユニフォームは結構上原に似合っていたのではないでしょうか?


テキサス・レンジャーズ (2011 – 2012)
こちらは現在ダルビッシュ選手が着ているユニフォームですね。この時の上原選手は髪型やヒゲもアメリカンな感じになっていました。


ボストン・レッドソックス (2013 – )
こちらの姿はおなじみです。来年もこの姿を見られるのでしょうか?


お問い合わせ・ご相談受付中!
お気軽にお問い合わせ下さい。